謹賀新年2012

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

昨年は仏道修行者にとっては試練の年でもあり、また我々の存在意義を自問し続けた年でもありました。我々は祖師の教えを紐解き、自問を続け、そして行動する中でそれぞれが答えを見つけるしかないのだと思います。
本年も一層精進したいと思います。
また、大晦日には多くの檀信徒の方々に除夜の鐘を撞いていただきました。龍蔵寺では昔から一分に1回、年が改まる0時に100回目を撞いています。したがって開始は22時20分、終了は0時8分になります。他寺では0時過ぎから撞き始めるところもあるようですが、当寺では0時8分に終了します。今年、除夜の鐘を撞きに参詣される方はお心に留めおきください。108回中であればどなたでもお撞き頂けます。甘酒を用意してお待ちしています。
合掌

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください