三心と申し候も、ふさねて申すときは、ただ一つの願心にて候なり

法然上人は三心をとても大切にされました。
お経には極楽浄土に往生するには、三心を備えなればならないとあります。至誠心、深心、回向心の三つです。
至誠心は、往生を願う心に嘘偽りがないこと。
深心はその思いが瞬時も途切れないこと。
そして最後の回向心は、日々の善行は往生の為の回向だと思うことです。

なにやら大変そうですが、法然上人は、つまるところ、「南無阿弥陀仏」と信じて唱えればよいのだと喝破されます。
信じてすがり、その証として「南無阿弥陀仏」と唱えるうちに、三心は自ずと備わってくる。

この救済と人としての成長の道筋を発見したのが法然上人であり、善導大師だったのです。

副住職