TEL:0480-61-0850
Mail:info@ryuzoji.jp

P1080128_お寺参り

本日無事、大施餓鬼会を厳修することができました。
昨日雨が降ったこともあり、近年にない涼しいお施餓鬼でした。
お施主様のご回向が、皆さまの健康と長寿のご縁となりますようお祈り申し上げます。

内容を少しご報告いたしますと、13時に鐘撞、お施餓鬼の法要は例年通り13時30分少し前から始まりました。
50名程の檀信徒が手を合わせるなか9名の僧侶が入堂して法要が始まり、住職のお話、読経、卒塔婆回向となりました。約1時間で法要は終了し、そのあと檀信徒の皆さまが写真のように並べられたところから卒塔婆を探して、お墓に持っていきもう一度手を合わせます。
16時半を過ぎると本堂では法要の片付けが始まります。
実は卒塔婆は受け付け順に並んでいるので、7月から8月上旬にお申し込みされた方は、本尊に向かって右側、お盆以降のお申し込みは左側とおおよその位置が決まっています。ですので、綺麗に並んでいる内は、お申し込みになった日を仰って頂ければ、手伝いの者が大体あの辺と教えることができます。しかし16時半を過ぎると、外陣に並べてある卒塔婆を広縁に移動しますので、場所がごちゃごちゃになって分からなくなります。これ以降は探すのがちょっと大変になります。
今年は猛暑のせいか檀信徒の参拝も分散したようです。夕方になってから卒塔婆を取りに行こうとなったのかも知れませんが、16時半を過ぎると探すのが大変になりますのでご注意下さい(来年に向けて)。
本堂は17時半に閉堂となりましたが、お引き取りになれなかった卒塔婆は、本堂広縁に並べてありますのでお彼岸までにはお引き取り下さい。

このご供養が皆さまの良い縁となりますように。
合掌
副住職

Categories: 行事

0 Comments

コメントを残す

Avatar placeholder

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください