怨みに報いるに怨みを以てしたならば ついに怨みの息やむことがない

怨みに報いるに怨みを以てしたならば ついに怨みの息やむことがない

かれは、われを罵った かれは、われを害した かれは、われにうち勝った かれは、われから強奪した という思いをいだく人には 怨みはついに息(や)むことがない 実にこの世においては 怨みに報いるに怨みを以てしたならば ついに続きを読む怨みに報いるに怨みを以てしたならば ついに怨みの息やむことがない[…]