八つの正しい道 八正道

涅槃に至る八つの道。苦しみから解放された悟りに至る修行法。それが八正道です。代表的な修行法としては、これ以外にも二九種類が挙げられており、お経には全部で三十七の修行法が書かれています。こちらを三七菩提分法と呼んだり、三七道品と呼んだりします。

 

正見 世界の真理が四諦であることを理解すること

正思 正しいものの考え方をすること

正語 正しい言葉を使うこと

正行 正しい行いをすること

正命 正しい生業によって生活(命を養う)すること

正精進 精進すること

正念 心の状態を理解すること

正定 心を安定させ集中すること

 

七つ目と八つ目、心の状態を客観的に理解し、集中して対策を思惟することができれば、一つ目から六つ目も難しくないように思えます。しかしここで説かれているのは、むしろ簡単な物から進み、形を整えていくことで心も安定し、正見つまり悟りに至る。そういうロジックを説いているように思います。各正道はさらにそれぞれ細分化されて具体化されており、取り組みやすいように創られています。