お経を唱えるということ

お経を唱えるということ

首相が国会答弁で引用するほどの社会現象となっている『鬼滅の刃』。その作中に、浄土宗にとって大切なお経である『阿弥陀経』が何回か登場します。主に「如是我聞 一時仏在 舎衛國 祇樹給孤独園 輿大比丘衆 千二百五十人倶」と唱え続きを読むお経を唱えるということ[…]

法事は「不要不急」なのか

法事は「不要不急」なのか

ここ数日の、一日あたりの新型コロナウィルス感染症の陽性者が緊急事態宣言下を越える状況になってきました。とはいえ医療機関がパンクするような事態ではないようで、4月頃とは状況が異なるようです。しかし、高齢者が重篤にいたる割合続きを読む法事は「不要不急」なのか[…]

距離を置いても気持ちは変わらない

距離を置いても気持ちは変わらない

先月新型コロナウィルスに関連する記事を書かせていただきましたが、混乱がさらに大きくなってまいりました。未だに収束の目処が立ちませんが、皆様が息災であることを心よりお祈り申し上げます。 メディアは「ソーシャルディスタンス(続きを読む距離を置いても気持ちは変わらない[…]

助け合いの精神を忘れずに

助け合いの精神を忘れずに

新型コロナウィルス影響で、マスクやトイレットペーパーの他、体温計やガーゼまでも品薄になっているようです。正確には店頭に出してもすぐになくなってしまう状態が続いているわけですが、実際の所は潤沢にストックがあるようで、焦って続きを読む助け合いの精神を忘れずに[…]

名前の字体について

名前の字体について

以前京都に行ったとき、祇園の漢字ミュージアムで「フォントのホント展」をやっていました。フォントによる文字の違いや、お年寄りや外国人といった多くの人に読みやすいユニバーサルデザインについてなど、フォントに関する様々な蘊蓄や続きを読む名前の字体について[…]